​おすすめ観光地

​歴史や写真はガイドブックに沢山あるけど…実際どうなの?

ということで、ここではスリランカで生活したからこそわかる、おすすめポイントをご紹介します♡

​スリランカ生活を綴った「関連ブログ」に写真もありますので、ぜひご覧ください。

​アヌラーダプラ

​私が1番好きな場所♡

数ある遺跡群の中で1番おすすめは「ルワンウェリ・サーヤ・ダーガバ」です!

​【おすすめ理由】

日常から離れて、自分と向き合う時間を作ることができる。

​スリランカの人たちのエネルギーを感じられる。

【おすすめの過ごし方】

遺跡群を色々回っても同じように見える…(個人的には、です!)。​

なら、潔く目的場所を定めた方が、のんびり時間を使えます。

おすすめ時間帯は、夕方!人々が祈りのために集まる頃です。

御経を聞きながら、お香の香りに包まれて、真っ白な仏塔と夕焼けを見る時間は本当に幸せです。

自然と自分を振り返り、日々に感謝する時間となる。そんなパワーのある場所です。

スリランカの人たちの日常、そして祈りの姿を感じられるのも魅力です。

​​

国旗.png

​ゴール

​サーフィンもできます♡

移動に時間がかかるスリランカ。その中でもリゾートビーチで交通の便が良いのがゴールです。

​【おすすめ理由】

高速道路が通っているので、スリランカ内の移動にしては早い!

植民地だった頃のスリランカが見られます。他のビーチよりお店が断然オシャレ!

【おすすめの過ごし方】

滞在はマリンスポーツ(またはビーチでのんびり)&観光でも、1泊で十分です。

スリランカはサーフィン天国。足場もよく、人も少なく、ゲストハウスの目の前がビーチ!

スリランカ人によるレッスンをつけても2時間で3000ルピー程度…破格です。

私もレッスン受けましたが、めちゃめちゃおすすめです。

​ゴールの要塞の中は、おしゃれなカフェが多いのでのんびりアイスティーを飲んでください♡

国旗.png

​シーギリヤ&ダンブッラ

まとめて行くのが正解♡

スリランカといえば、シーギリヤロック!1度は訪れたい場所です。

​【おすすめ理由】

なんといっても世界遺産!スリランカ観光のシンボルです。

【おすすめの過ごし方】

混雑するので、朝早い方がおすすめ。混雑具合によって所要時間が大きく変わります。

​事前に歴史を勉強してから訪れるのが断然おすすめです。

そして、日陰がないので日焼け対策は万全に!

シーギリヤロックに入る道に「ヘラボジュン」というスリランカ軽食が食べられるお店があります。

地元民御用達、政府管理の安全安心な食堂で、手作り母の味が楽しめます。しかも激安です。

​私のオススメは「パリップワデー」という豆をすりつぶして野菜やハーブと混ぜて揚げたものです。

また、コロンボへ帰るなら、帰り途中で世界遺産の黄金寺院ダンブッラも回れます。

国旗.png

​コロンボ

​やっぱり買い物はここ♡

​お土産やさんは各地にあるけれど、限られた時間で揃えるなら、やっぱりコロンボ!

​【おすすめ理由】

「ざ・おみやげ」な象の置物やTシャツもいいけれど、ハイセンス雑貨もあり!

疲れたらセイロンティーでちょっとカフェ休憩…ができるものオススメポイント。

【おすすめの過ごし方】

2大インテリア雑貨店「パラダイス・ロード」と「ベアフット」は、現地語シンハラ語雑貨や100%スリランカ産コットンの雑貨などがあり、必ず欲しいものが見つかります。

価格は物価から考えると高めですが、清潔・明朗会計で安心してお買い物ができます。食器は無料でしっかり梱包してくれます。

​コロンボにはアーユルヴェーダショップ、スーパーも多いのでお土産はまとめてここで買いましょう!各地で荷物が増えると大変…。

国旗.png

​ヌワラエリヤ

​紅茶好きには天国♡

スリランカといえば「セイロンティー」!

​【おすすめ理由】

紅茶畑見学、アフタヌーンティー、茶摘み体験…セイロンティーの世界に浸れること間違いなし。

【おすすめの過ごし方】

コロンボから日帰りはきつい距離です(電車で6時間ほど)。宿泊前提で行きましょう!

その際には、ぜひ「ハイティー(アフタヌーンティー)も一緒に。

ハイティーは時間が決まっているので、要注意。

美しい庭園や紅茶畑の中でいただくハイティーは格別です。まさに高原リゾート!

一面の紅茶畑、緑の絨毯は忘れられない景色になります。

国旗.png

​番外編:ニゴンボ

​空港近いので意外と時間がある…。

出国ギリギリまで遊びたい…到着日で少しだけ時間がある…そんなあなたに朗報。

​【おすすめ理由】

積極的に観光するわけではないけれど、意外と立ち寄ることが多い場所。

ガイドブックにもページがないこと多し。なので何があるかわかっていると便利です。

【おすすめの過ごし方】

ニゴンボのリゾートエリアはとてもコンパクト。なので、ふらっと歩いても回り切れます。

オススメは有名な建築家ジェフリーバワが手がけたホテル「ジェットウィング・ラグーン」「ジェットウィング・ビーチ」、弟子が手がけた「ジェットウィング・ブルー」の3つのホテル。

建物を楽しみながら。バー利用やランチ、カフェでのんびりできるリゾート空間です。

ニゴンボには人気の紅茶メーカー「ディルマ」のカフェがあるのでそこもオススメです。

Wi-Fiもあります。

国旗.png